2013年4月アーカイブ

アコムで審査を受けたものの、落ちてしまった!と言う場合、プロミスで再度審査を受けても良いのかという疑問を持つ方が多いです。
同じ消費者金融の大手ですから、アコムで落ちたらプロミスでも落ちてしまうのではないか?と考えるようです。

しかしよく考えて見ましょう。
どうしてアコムで落ちてしまったのかということです。
まず、審査に落ちるということは自身の信用情報に対して必要以上に借入をしようとした可能性があります。
例えば、以下のようなことが考えられます。
・借入希望額が年収の1/3に迫るほどか、または上回っていたのではないか。
・他社で借入している金額を正確に伝えなかった(嘘の報告も含む)
・申告するべき内容を偽ったり、記入漏れをした(年収や年齢、在籍年数など)

などに心当たりはないでしょうか?
一度アコムで不合格になったのであれば、アコムにもう一度申し込むのはナンセンスです。
そんな場合は、プロミスで申込を行うことを検討しなければなりません。

上記のように、不合格となった点について心当たりがあるのであればプロミスで同じようなミスは犯さないようにしましょう。

ただし、連続で審査を行うと申込ブラックとして扱われる可能性があり、正確な情報であっても不合格になることがあります。
そのような可能性を少しでも防ぐために、申込ブラックにならないようにする必要があります。

一般的に、申込の際に信用情報に記載される「照会記録」は消費者金融名の場合3ヶ月程度は保持されます。
この期間を過ぎれば、照会記録は削除されるのです。
ただ、通常では1ヶ月に3件というのが申込ブラックとしてのボーダーラインといわれていますので、2件までであれば問題ないとする見方もあります。
しかし、万全を期するためにも照会記録がゼロになった段階で次の申込を行うのがよいでしょう。
自分に照会記録がついているかどうかは、個人信用情報機関で「本人開示」の手続きをすれば簡単に調べることが出来ます。

このように自分が何かのアクションを起こす上で、問題になるような障壁は限りなくゼロにするのがよいでしょう。
一般にはこのような申込ブラックという概念すら浸透しておらず、手当たり次第に申込をしてしまうケースが多いのです。

そうなると、どこで審査を受けても不合格となってしまうのです。
借りる前からブラックになってしまうというのは、本末転倒ですからしっかりと情報を入手して自己防衛するようにしましょう。

プロミスの審査は基準がしっかりしていますので、正しい手続きを踏めば以外とあっさり審査に合格するものです。

ある統計によれば、女性は借金やキャッシングをしやすい傾向にあるそうです。ところで、借入をしやすい主婦の特徴とは、どんな特徴が有るでしょうか。まず、結婚前に働いている人を不思議に思っているコトが多いです。普通は結婚してから、足りなくなるものでしょう、なのに、何故、今貴方は働くのでしょうか、ということを大真面目に聞いてくる事があります。
そして、このような女性の特徴として、おごりだと物凄い量を平らげるのに、普段は食べなかったり、食い過ぎだとか色々人を批判します。きっと料理が好きではないのでしょう。というより、サボリ癖が付いているのかもしれません。
借入をしやすい主婦の特徴として、そうして借りたことは旦那には言えないとする方が多いです。要するに、秘密を作ってしまいやすい人なのです。それも、バレても笑ってしまえるような秘密ではなく、バレるとちょっと…ということを平然と秘密として作ってしまいます。そして居直ります。

"社会人になってすぐ、実家を出る必要があったため、自力で引越しせざるを得ない状況になったことがありました。実家との不和が高じた結果の、文字通りの急な出費に迫られたのです。友人の手を借りてトラックの手配などは付きましたが、アパートを借りるお金などは急な出費のため給料で全部をまかない切れず、いちばん身近にあった消費者金融のアコムでカードを作ってしのぎました。トラックのレンタカー料金などの引越し費用も無事に払えて、アコムのおかげで本当に助かったものです。しかし、引越しに伴う買い物も多く、また何年かのちに付き合いなどでの浪費や出費がかさんできて、限度額いっぱいになった頃から返済に追われるようになり、苦しんだ経験もありました。
つい手元の現金に余裕が無い場合には、よくアコムで借り入れをしてその場をしのいだものですが、必要な時以外は充てにしないで、本当に差し迫った急な出費のために使う、という使い方が一番スマートではないかと思えるのです。"

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。